薬剤師と医療業界
薬剤師の歴史
薬剤師が問診する理由
男女比から見る薬剤師の今
薬剤師業界の動向
登録販売者制度と薬剤師
薬教育の義務化
薬の副作用の救済制度
薬剤師の今後の年収
薬剤師の情報収集テクニック

 

▲TOPページへ

薬剤師になる方法とその将来性



薬剤師は医療の現場で医薬品の調剤や販売を行う仕事となりますので、特に調剤を行う際には間違いが許されない責任のある職業となります。 そのため専門性が強く資格を取得すれば一生困らないほどの価値を手にすることが可能です。

薬剤師になるには所定の薬学系の大学を卒業する必要がありますが、6年間の長い期間を掛けて必要な知識と技術を身に付ける必要があります。 6年制ですから大学に通うにも高額な学費を準備する必要がありますので、頭脳や技術力など薬学に精通しているだけではなれない職種となります。 特に私立の大学は高額な学費が必要ですから、薬剤師になるには資金力も必要なのです。

大学を卒業すれば国家試験の受験資格が得られますが、資格取得を目指すと同時に就職先を決めることも重要です。 特に薬剤師としての将来性を決める重要なポイントになってきますので、入念に検討することが大切です。就職先のほとんどは調剤薬局となりますが、 ドラッグストアが経営している薬局もあれば病院が経営している薬局もありますので、就職先によって将来性は変わってくると言えます。 また製薬会社の研究職としての道もありますので、選択肢は比較的多いと言えます。

薬剤師

現在では4年制から6年制大学へ変更してからの薬剤師不足が続いていることや、ドラッグストアの求人が増えていることなどから、 就職先は豊富にある売り手市場が続いています。6年制へ変わった際の空白期間が落ち着くまでは、安定した求人量が確保されると言えます。 しかし薬剤師の業界にもIT技術による電子化の波により人材を減らすことが可能となっていますし、 インターネット通販の普及により従来からの対面販売のスタイルが崩れかかっていると言えます。薬剤師の将来性という面では、 これまでのように資格を取得すれば安定した就職先が確保できるとは言えない状況になってきているのです。

海外では医薬分業が主流となっていますが、国内でも医薬分業が進んできています。医薬分業により薬剤師にはより専門的な能力が求められますので、 より高度な能力を得るために6年制大学に変更されているのです。これからの薬剤師には、高度な専門知識や医師に近い能力が求められるため、 簡単には資格を取得できない日が来る可能性もあるのです。現在では安定した求人量が確保できていますが、将来的には人材が余ることは確実ですので、 より高度な知識を得ることも大切ですしインターネット通販など様々な展開をしていく必要があるのです。


Copyright (C) since2014 薬剤師と医療業界 All Right Reserved