薬剤師と医療業界
薬剤師の歴史
薬剤師が問診する理由
男女比から見る薬剤師の今
薬剤師業界の動向
登録販売者制度と薬剤師
薬教育の義務化
薬の副作用の救済制度
薬剤師の今後の年収
薬剤師の情報収集テクニック

 

▲TOPページへ

薬剤師が問診する理由



問診

薬局で処方箋を出すと、薬剤師が医者がした質問をもう一度繰り返したりすることがあります。 すでにどの様な薬を出すか書いてある「処方箋」を持っていっているのに、なぜそれをきくのかということが疑問に思いますよね。 薬剤師の問診は、医師が出した薬が本当に間違っていないかという確認をするためにしているのです。

薬というのは種類によっては少量でも接種すれば体に重大な影響を及ぼすものが多くあります。最悪死にいたるものまであります。 そう言ったことを避けるために、薬剤師は医師が行った問診をもう一度自分で確かめるために行います。 また、種類だけでなく、問診により「量」も間違っていないかを確認します。医師も薬に関してはプロですが、 薬剤師はさらに深いところも知ったプロ中のプロです。症状などを見て、再度薬の量を調整するようなことも行います。 この様に、医師と薬剤師による「ダブルチェック」を行うことにより、より安全にまた確実に患者に対して薬を処方できるように もう一度問診を行うのです。

また他の理由としては患者への配慮ということをしている場合もあります。医師に言いにくかったことや、 病状のため朦朧としたなかで言わなければならないことを忘れていたなど、患者にとって必要なことをもう一度聞きなおす、という場合もあります。 医師が男性で患者が女性の場合、どうしても言いにくいことが出来てしまい、きちんと症状が伝えられないことがあります。そういった場合に、 薬剤師がもう一度その部分を聞き直し、薬の量や種類などをもう一度調整し直し処方します。

人によっては何度も同じことを聞かれることに嫌な思いをすることがあります。また、薬剤師自身も仕事として聞くため、 ぶしつけな質問をそのままオブラートにも包まず言ってしまい気まずい雰囲気になってしまったり、最悪患者を怒らせてしまうこともあります。 そのあたりは薬剤師側の大きな課題となっています。

薬は病気と関係し、また病気はその方のプライベートな部分に関係してきます。その為、患者自身も敏感になっている部分が多いです。 薬剤師としてもその部分を理解し、言葉を選んで話さなければなりません。そうすることにより、患者との間に和やかな雰囲気を作り、 話しやすい環境を作り、薬を間違えることなく処方することができます。 「確認」と「患者への配慮」、これら二つを行うため薬剤師は医師が行った問診を再度行っているのです。

 


Copyright (C) since2014 薬剤師と医療業界 All Right Reserved